〒348-0039 埼玉県羽生市川崎2-281-3
イオンモール羽生1F(北C 06駐車場前)

TEL:048-580-5558

メディモ・羽生内科【日曜診療/無料駐車場/イオンモール羽生1F】

診療案内

Mobile Site

呼吸器疾患

睡眠時無呼吸症候群(SAS)在宅酸素療法(HOT)禁煙外来、気管支喘息、小児喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、上気道炎

※睡眠時無呼吸症候群(SAS)について
重症のいびきの中には、睡眠時無呼吸症候群(SAS)が隠れている場合があります。当院では、SASの診断・治療を行っておりますが、それ以外の耳鼻科的因子に以来するいびき(鼻茸、ポリープ、アデノイド肥大)の診断・治療は施行できません。
全てのいびきがSASと関係あるわけではないことを、ご理解下さい。

※禁煙治療について
禁煙治療が健康保険で認められるには複数の条件がありますので、以下のような場合は自費(自由診療)となります。

  • スクリーニングテスト(TDS)の結果が非依存症。
  • ブリンクマン指数(=1日の喫煙本数×喫煙年数)が200未満。
  • 直ちに禁煙することを希望していない。
  • 「禁煙治療のための標準手順書」に則った禁煙治療プログラム(12週間にわたり計5回の禁煙治療を行う)への参加について同意できない。

検査

X線撮影、血液尿検査、呼吸機能検査(スパイロメトリ)、ピークフロー、呼気一酸化炭素濃度測定、在宅無呼吸検査、インフルエンザ迅速検査など。

アレルギー外来

花粉症、蜂毒アレルギー、食物アレルギー(牛乳、鶏卵、小麦、ソバ、豆類、甲殻類【エビ、カニ】など)、金属アレルギー、接触性皮膚炎など
アドレナリン=エピネフリン自己注射(エピペン)処方も可能です。

エピペン処方

アレルギー外来、エピペン処方は保険適応です。 蜂毒やソバ、ピーナッツ、ラテックス(天然ゴム)などのアレルギーは、致死的反応を起こす確率が高いのでエピペンの準備をお勧めします。
βブロッカー(インデラールなど)を服用中の方は、エピネフリン(エピペンの主成分)を使用しない方が良いと言われていますので、処方医に相談して薬を変えてもらうか、それが難しい場合はジフェンヒドラミン50mg内服やグルカゴン注射で対応します。
エピペンには使用期限があります。期限切れのエピペンは使用せず、処方された医療機関か薬局にお持ちください。

投薬までの手順

  • 受診(<1>問診と必要性の判断→<2>エピペンの正しい使い方指導)
  • 処方
  • お会計
  • エピペン発注
  • 外来あるいは自宅でビデオ学習
  • 再診(<1>適正使用のための理解確認項目チェック→<2>適正使用同意書への署名)
  • 投薬

IIIからVIIでは、当日で終了する場合もあれば、数日かかる場合もあります。

痛み外来(ペインクリニック)

頭痛、腰痛、下肢痛、癌性疼痛(医療用麻薬の処方可能)、三叉神経痛・帯状疱疹後神経痛など各種神経痛、四十肩・五十肩、眼瞼痙攣・顔面痙攣・痙性斜頚(ボトックス注射)など

循環器疾患

高血圧、不整脈、狭心症、心不全、高脂血症など、血管伸展性検査

検査

X線撮影、血液尿検査、心電図、長時間心電図(ホルター)、在宅随時心電図、超音波検査など

消化器疾患

消化性潰瘍、逆流性食道炎、食中毒など
ノロウイルス迅速検査が可能です。(20分ほどで結果が出ますが、簡易検査なので精度は劣ります。保菌者検査などには正式検査【判定に7~10日程かかります】をお勧めします)

代謝・内分泌系疾患

糖尿病、痛風(高尿酸血症)、甲状腺機能異常など

プライマリーケア

汚染創処置・縫合など軽症~中等症の外傷および熱傷処置、単純脱臼整復、緊急気道確保、胸腔ドレナージ、膀胱ドレナージなどの小外科処置

痙攣・失神発作(てんかん、起立性低血圧)、呼吸困難、めまい、発熱、脱水、栄養障害、睡眠障害、尿閉・尿失禁・膀胱炎、などの初期診療

その他一般内科全般および生活習慣病の検査、治療、予防
食中毒予防、ノロウイルスやMRSA保菌者の検査、除菌指導などの保健衛生支援